モリリン/5千色の原着ポリエステル糸発売/韓国で自社工場を新設

 モリリンは20年8月から原着ポリエステル長繊維「モコフィーロ」の販売を始める。5千色のとカラーバリエーションに加え、色の再現性にも優れ、小ロットに対応できことkから既存の原着糸との差別化を図る。生産は韓国で建設中の自社工場で行い、ユニフォームや資材向けに投入し、初年度1200㌧の販売数量を見込む。

 韓国の自社工場は建屋からの新設で、生産能力は月100㌧。独自技術を導入し、色の再現性や1色500㌔の小ロットに対応。さらに、これまでの原着糸では困難とされてきた杢(もく)調の糸も製造できる。販売は糸だけでなく、モコフィーロを使った生地や製品も提案する。

 原着糸のため色が落ちしないことだけでなく、染色工程を経ていないため水や薬品、CO2の削減につながり環境負荷の軽減にもつながるサステイナブル素材として、ユニフォームやカーシート向け、さらにファッション衣料やスポーツ衣料向けの用途開拓を進める。