5月の不織布生産/24カ月連続の減産に/スパンボンド9カ月ぶり増産

 経済産業省の生産動態統計によると、5月の不織布生産量は前年比4.7%減の24,216㌧と、24カ月連続での減産となった。サーマルボンド、スパンレース、スパンボンド・メルトブローが前年実績を上回る一方、ケミカルボンド、ニードルパンチ、その他、湿式不織布は前年実績を割り込んだ。

 とくにニードルパンチは前年比38%減と大幅な落ち込み。自動車資材が主力だけに、自動車生産の落ち込みが影響したとみられる。一方で、8カ月連続の減産だったスパンボンド・メルトブローが増産に転じた。これは新型コロナウイルスを背景にしたマスク需要の増加によるものと推測される。

 これにより20年1~5月累計では前年比7.5%減の124,753㌧となった。サーマルボンド、スパンレース、その他以外は前年実績を割り込んでいる。