太陽工業/浸水被害から守る水防ツール/8月3日から販売開始

 テント・膜構造物製造大手の太陽工業は土のうに替わってゲリラ豪雨などによる浸水被害から店舗や住宅などを護る、画期的な水防ツール「デルタパネル」(特許出願中)を開発した。8月3日より販売を開始する。

 デルタパネルは水の侵入部を膜素材で帯状にガードして被害を抑制する水防ツール。土のうと異なり、土の確保や袋への注入、完成した土のうを積み上げる一連の作業が一切不要で、現地で組み立て、連結するだけで設置が完了する。これにより、設置までの作業時間は約10分。土のうの10分の1に短縮できることから、緊急時の負担が大幅に軽減できる。

 室内の床と地面との高低差が少ないコンビニエンスストアなどの店舗や住宅などを想定した今回の「デルタパネル」は、シート状の膜素材にアルミフレームやパイプ、メッシュシートなどで構造的にも安定した三角の断面を形成(特許出願済み)。増水による水の力に対抗する。

 さらに、パネル(長さ:1㍍タイプと50㌢タイプの2種類)を横に連結する事で広い開口部にも対応し、高さ50cmまでの浸水被害を抑制する。

 メインの膜素材は合成樹脂製で、高い防水性と大きな力に耐える強度を確保、さらに加工面でも主要な部分は生地同士の表面を溶かして一体化させる溶着技術を用い、水を漏らさない仕様を実現した。パネルの連結部分も二重のファスナーで止水性を高めている。緊急時以外は、コンパクトに折り畳んで収納できるため、保管にも便利な仕様となっている。

 今回の「デルタパネル」は、同じく水防ツールとして誕生し、消防防災製品推奨品として評価を得る「デルタチューブ(三角水のう)」のニーズを反映して、昨年7月から開発をスタート。水や土を使わずに素早く設置でき、使用後の後始末やメンテナンスが容易な点を考慮し、製品化した。

 価格(税別)は長さ5mタイプが20万円。3年後には5億円の売り上げを目指す。