帝人/炭素繊維中間材料がA320neoに採用/主翼スポイラー部材として

 帝人の炭素繊維「テナックス」を使用した中間材料が、エアバスの主力旅客機である「A320neo」の主翼スポイラー部材として採用された。この中間材料はテナックス・ドライ・レインフォースメント・ノンクリンプ・ファブリックス(テナックスDRNF)と組紐状のテナックス・レインフォースメント・ブレイデッド・ファイバーズ(DRBF)。

 テナックスDRNFはNCF(炭素繊維の束を一方向に並べてシート状にしたものをさまざまな角度に積層。バラバラに分かれないようにポリエステルやナイロンなどの糸で縫い付けた織物) の一種で、表面が滑らかで樹脂がシート上で均一に浸透しやすく、従来の航空機向け高性能熱硬化プリプレグと同等の物性を有するなどの特徴があるという。

 また、テナックスDRBFは炭素繊維を三つ編み構造の組紐状にしたもので、高い伸縮性があり、シート状中間材料から成る複合材料製航空機部品に生じる空間を埋めるフィラー材の役割を
果たす。

 A320neoの主翼スポイラーは、世界有数の航空機構造部材メーカーである 、米国のスピリット・エアロシステムがRTM(金型の中に炭素繊維シートを配置した後、樹脂を注入し、硬化させる成形法) により成形するため、従来のオートクレーブ成形に比べて生産性やコスト効率などが優れる。