カジグループ/織布事業で資材強化/複合加工糸技術生かし

 糸加工から織布・編み立て、縫製までを手掛けるカジグループ(金沢市)は、織布事業を担うカジレーネ(石川県かほく市)で資材用途を強化する。

 現在、織布事業はファッション衣料、アウトドアウエア、スポーツウエア向けが主体で、これらの開発は引き続き強化する一方、全体の5%にとどまる資材用途の比率を5年後には30%にまで引き上げる。

 特に糸加工を行う、カジナイロン(金沢市)での複合加工糸技術の強みを生かして織布事業の資材用途を拡大する。