三井化学/マスク用線材の増設完了/ノーズクランプ需要に対応

 三井化学は、不織布製造子会社のサンレックス工業(三重県八日市市)で、マスク用ノーズクランプに使用される形状保持プラスチック線材「テクノロート」の増設を完了し、11月から商業生産を始めた。

 テクノロートの増設は旺盛なマスク需要拡大に対応するため。これにより同社のマスク用ノーズクランプ生産能力は、マスク換算で年間30億枚相当になる。

 今後も拡大するマスク需要への対応や他用途展開も図り、さらなる増設も検討する。