三井化学/新複合材料でカードケースをCF/しっとりなめらかな質感、5色のカラー

 三井化学は新炭素繊維複合材料「&COR(アンドコル)」製カードケースのクラウドファンディング(CF)をMAKUAKEで開始した。期間は20年12月3日から21年1月17日まで。

 アンドコルは炭素繊維とパラ系アラミド繊維による織物に、三井化学が開発した世界初のウレタン新素材「フォルティモ」 でコーティングした複合材料で、 硬質なイメージが強い炭素繊維だが、感性工学を取り入れ、しっとりと滑らかな質感を実現した。

 カードケースは工学博士の春日秀之氏が代表を務めるマテリアルシンクタンク「hide kasuga 1896」 との 連携 により 開発 した。炭素繊維のイメージを覆す色鮮やかな5色 の カードケースをラインナップする。150年以上前、オスマン帝国の馬具工房として誕生し、今では数多くの高級メゾンの縫製を手掛けているイスタンブールの縫製工房で、上質に仕上げた。カードケース販売元はhk1896 LINKS 。

 また、アンドコルの質感を体感できるように、米・サンフランシスコ発の体験型店舗 「b8ta( ベータ )」 で、カードケースのほか、カッシーナ・イクスシーのセレクト&オリジナルブランド「イクスシー」とコラボレーションしたプロトタイプ家具の実物展示も行う。2021年 1月以降 、 百貨店 やライフスタイルショップ 等 でも 実物展示を予定する。