東レ/使い切り防護服で新商品/高耐水圧版と滅菌改良版

リブモア 4000

 東レは2021年1月から使い切り保護服「LIVMOA(リブモア)」シリーズの新商品として、耐水圧の高い「リブモア4000)、2月からクリーンルーム対応滅菌タイプ「リブモア CL」改良版を発売する。国内販売からスタートし、順次海外市場へも販売する。

 リブモア4000は化学防護服のJIS規格タイプ5、6に適合。独自のSMS(ポリプロピレン製スパンボンド不織布で、ポリプロピレン製メルトブロー不織布を挟み込んだ複合不織布)により、粉じん防護性に加えて従来のSMS製法では難しかった耐水圧1,000mmH2Oを実現し、通気性を有する。

 メルトブロー不織布に特殊耐水性を付与し、粉じんや水の浸入を防ぎながら、約10cc/cm2・secの通気性を合わせ持つ。日本国内の自社工場で不織布を生産する。

 リブモア 4000は従来の高通気タイプ(リブモア 2000、同 3000シリーズ)で対応できなかった廃棄物処理場など耐水性を必要とする作業現場での使用が可能とする。

 リブモア CL改良版は神戸医療産業都市推進機構(兵庫県神戸市)細胞療法研究開発センターの監修を受け、2019年に発売したリブモア CLを使用した公的研究機関やアカデミアなどの声を反映させ、着用性向上のためにマスクカバーを一体化、ゴーグルとのフィット感を高めるためにフード開口部分の面積適正化し、腕や足部分をスリム化させることで動きやすさを高めるなどの改良を加えることで使いやすさをさらに向上させた。

 リブモアシリーズは2017年に高通気タイプのリブモア 3000を発売してから、ギニア共和国でのエボラ出血熱感染予防対策に使用された感染対策タイプ同 5000、クリーンルーム対応滅菌タイプ同 CLと作業環境に応じたラインナップを拡充してきた。