カテゴリー別アーカイブ: 不織布

ユニチカトレーディング/高機能複合不織布を開発/簡易予防衣の月産200万体制を構築

 ユニチカトレーディングは、医療現場で使用されるアイソレーションガウン向け高機能複合不織布「ユニソフィア」シリーズを開発した。国内とASEAN地域で、それぞれ月産100万枚(合計200万枚/月)のアイソレーションガウン(簡易予防衣)供給体制も構築。2月から生産を始め、医療用ガウンメーカー・ユニフォームメーカー など向けに販売する。 ユニチカトレーディング/高機能複合不織布を開発/簡易予防衣の月産200万体制を構築 の続きを読む

ANDTEX/5月展を再延期/10月27~29日に変更

 5月にタイのバンコク国際貿易展示場(BITEC)で開催予定だった東南アジア最大の不織布産業総合展示会・会議「ANDTEX2021」が10月27日~29日に再延期となった。主催のE.J.クラウス&アソシエートが17日明らかにした。

 同展は元々、20年11月に開催する予定だったが、21年5月26~28日に延期していた。しかし、新型コロナウイルス感染症の拡大と、それに伴う渡航制限・入国帰国後の行動制限などの状況を勘案し再延期となった。

中村超硬/21年3月期業績を修正/日本ノズル貢献、売上高を上方修正

 中村超硬は2021年3月期の業績予想を売上高37億円(修正前は33億5千万円)、営業利益6千万円(同3億円)、経常利益6千万円(同2億円)、当期損失1億6千万円(同7億円の利益)に修正した。売上高の上方修正は化学繊維用紡糸ノズル事業の拡大による。一方、利益の下方修正は江蘇三超に対するダイヤモンドワイヤ生産設備の譲渡案件が遅れていることなどによる。 中村超硬/21年3月期業績を修正/日本ノズル貢献、売上高を上方修正 の続きを読む

ツジトミ/スポーツ資材など新規貢献/単体売上高30億円乗せへ

ツジトミ本社工場

 不織布製造のツジトミ(滋賀県東近江市)は2021年8月期、単体売上高で30億円乗せを目指す。連結では50億円超えを見込む。スポーツ資材や生活雑貨向けの新用途開拓が貢献しており、自動車資材やインテリア資材などの既存用途の落ち込みをカバーする。 ツジトミ/スポーツ資材など新規貢献/単体売上高30億円乗せへ の続きを読む