クラレ/名古屋大との共同で新複合材料を提案/国際プラスチックフェアバーチャル展で

 クラレは11月18日~2021年5月21日まで開催されているバーチャル展示会「IPF Japan 2020 国際プラスチックフェア バーチャル展」に、名古屋大学ナショナルコンポジットセンター・NCC次世代複合材研究会の共同出展者として出展している。グループの高機能樹脂や不織布技術を用いたユニークな炭素繊維複合材料を提案し、自動車をはじめモビリティの軽量化・高機能化への貢献を目指すとしている。 クラレ/名古屋大との共同で新複合材料を提案/国際プラスチックフェアバーチャル展で の続きを読む

三井化学/マスク用線材の増設完了/ノーズクランプ需要に対応

 三井化学は、不織布製造子会社のサンレックス工業(三重県八日市市)で、マスク用ノーズクランプに使用される形状保持プラスチック線材「テクノロート」の増設を完了し、11月から商業生産を始めた。 三井化学/マスク用線材の増設完了/ノーズクランプ需要に対応 の続きを読む

異業種交流展「メッセナゴヤ2020」/今回はオンライン開催/ 中部中心に繊維企業多数

 日本最大級の異業種交流展「メッセナゴヤ2020」が16日からオンラインで開催している。中小企業の販路拡大と異業種交流を目的に、2006年秋から毎年開催してきた同展だが、新型コロナウイルス禍の中で15回目となる今回はオンライン開催に変更した。会期は12月11日まで。 異業種交流展「メッセナゴヤ2020」/今回はオンライン開催/ 中部中心に繊維企業多数 の続きを読む

9月の不織布生産/減産率が1%台まで回復/28カ月連続の減産も

 経済産業省の生産動態統計によると、9月の不織布生産量は前年比1.7%減の25,295㌧と、28カ月連続での減産となったが、減産率が1%台にまで戻ってきた。ケミカルボンド、サーマルボンド、スパンレースが前年実績を上回った。 9月の不織布生産/減産率が1%台まで回復/28カ月連続の減産も の続きを読む

カーシート/トヨタ効果で回復傾向/国内生産は先行き不透明

 トヨタ自動車は先ごろ、9月の世界自動車生産台数が前年同月比11・7%増の84万1900台と9カ月ぶりに前年実績を上回り、9月では過去最高になったと発表した。内訳は国内は4・5%増の30万5600台、海外は16・3%増の53万6200台。中国・米国の市場回復に加え、日本でも新車販売が好調なことが要因とする。これは2021年初めに前年並みの生産に戻るとした同社の当初想定に比べてかなり早い。これを受けて、カーシート地に関わる繊維企業の多くが回復傾向にある。 カーシート/トヨタ効果で回復傾向/国内生産は先行き不透明 の続きを読む

techtextile&nonwoven japan