アジア不織布協会/金井氏、2度目の会長に/インドでカンファレンス開催

アジア不織布協会(ANFA)の新会長に、金井重要工業(大阪市北区)社長の金井宏彰氏が1日付で就任した。金井氏は2007年から3年間ANFA会長を務めており、今回で2度目となる。任期は2021年12月末までの3年間。金井氏は1度目の会長退任後、ANFA名誉会長を務めていた。 続きを読む

広告

特別インタビュー 東レ 日覺 昭廣 社長(前)

ネガティブ要素は少ない/最大の問題はマネーゲーム

 米中の通商問題や原燃料価格の動向といった火種がくすぶる2019年の世界経済。日本の繊維企業も濃い霧の中で難しいかじ取りを強いられることになるが、東レの日覺昭廣社長は「景気は緩やかな回復基調が継続する」と予想し、ネガティブな要素は少ないと前向きだ。国内外の経済情勢や同社の事業戦略などについて話を聞いた。 続きを読む

オーミケンシの上海法人/機能レーヨン内販が堅調/18年は増収増益へ

オーミケンシの上海法人、近絹〈上海〉商貿は、2018年(1~12月)業績が前年に比べ増収増益になると見込む。フェースマスク向けの機能レーヨンの中国内販が貢献する。内販を引き続き拡大するため、来年は新規商材や用途開拓に取り組む。 続きを読む

東レ 産資・不織布部門/PP特品の開発急ぐ/エアバッグでメキシコ・インドの“次”検討

東レの産業資材・不織布事業部門は2018年度下半期(18年10月~19年3月)もエアバッグ用ナイロン66や紙オムツ向けスパンボンドでの取り組みに重点化して事業拡大を目指す。何よりも「全用途で商品開発を徹底する」(平井正夫部門長)としており、紙オムツ向けの新素材開発を急ぐとともにBCFカーペットで新規商圏獲得のための開発・販促を強化する。 続きを読む

ダイワボウポリテック/合繊わた販売拡大へ攻勢/新商品を一気に市場投入

ダイワボウポリテックの合繊部は、新商品開発を加速する。同部が展開する合繊わたの主用途である紙おむつや婦人衛生用品は競争が激しくなっており、顧客のニーズに即した商品の投入で差別化を図る。開発の候補は幾つもあるとし、早い段階で一気に市場投入するなど、事業拡大に向けて攻勢をかける。 続きを読む